イバラガニ・タラバガニの仲間 |特徴と味と安さ!

イバラガニの特徴と味と価格

美味しくて割安感があるカニ(蟹)をお探しなら「イバラガニモドキ」を試したみては如何でしょうか?

イバラガニモドキは一般的には「イバラガニ」と呼ばれています、カニ(蟹)といえば高級食材ですが、その中で美味しくて安いカニ(蟹)が「イバラガニ」です美味しくて安いカニの代表格なのです、今回はイバラガニの特徴や適した調理法をお話しします。

そうそう、マルゲン後藤水産さんでは、こんなお得なズワイガニが↓
【早割】【送料無料】生ズワイガニ一口かにしゃぶだるまさん約1kg前後(生冷凍でお届け)[若干折れが入る場合あり][かに鍋/蟹/カニ/ずわいがに]【本店プレミアム厳選品】 6,315円(税込) 送料無料

イバラガニ基本情報

イバラガニはカニ(蟹)の大様「タラバガニ」の仲間です、なのでヤドカリ・タラバガニ科の一種です。

身体的特徴はタラバガニと全体的に似ています、ただタラバガニに比べるとトゲが多いのが特徴でゴツゴツしていて植物のイバラに似ていることからこう呼ばれています。
大きくなると甲は約20cm以上にもなり、カニ(蟹)の中では大き目なサイズです。

しかもサイズが大きい割には1kgで約4,500円弱と他のカニ(蟹)と比べて安く買う事が出来るのでリーズナブルさが人気となっています。
残念なのはタラバガニやズワイガニなどに比べて、極端に漁獲量が少ないので時期によっては市場に出回る数が少なくいために認知度も低く、手に入れ難い時期もあります(これが安さの秘密かも)。

市場に出回っている中には「イバラガニモドキ」と呼ばれるものもあります、厳密にはイバラガニの近縁でイバラガニモドキは違う種類なのです。
タラバガニとは違い主な生息域は房総半島、駿河湾、相模湾などで可なり南です。

他のカニ(蟹)同様に市場に出回っている物の中には海外産も見られます、これは東シナ海などにも生息しているからです。

内子

イバラガニの内子

イバラガニの旬

どちらかと言うと比較的温かい時期に旬を迎えるという点でタラバガニとは違います、寒いオホーツク海で獲れるイバラガニには6月〜8月が旬とされていますが漁獲地が南に下がれば下がるほど、旬の時期も秋にずれ込んでいくので注意が必要です、これは漁場の海水温によって、旬の時期が変化するため、購入するときは美味しいイバラガニを手に入れるために漁場を確認する事も必要です。

イバラガニの味と調理法

価格が安いため、「タラバガニ」よりも味が落ちると誤解される事が多いのですが、しかし実際には甘みはイバラガニの方が強いと言われています、カニ(蟹)本来の旨みもタラバガニに引けを取らないと言われています。
ただタラバガニの仲間でもありカニ味噌は余り美味しくない点は理解しておくべきです、カニ味噌は食べられますが、カニ(蟹)味噌の大様の毛ガニやズワイガニに比べて香り、味が落ちます。
イバラガニの中で最高に美味しいと評判なの内子です、味も香りもウニのような濃厚さがあり、内子ほどではありませんが、外子も未成熟のものは非常に美味しく食べるられます。

イバラガニは、タラバガニと同様に、焼いても、茹でても、しゃぶしゃぶ、味噌汁、カニ(蟹)鍋など全ての調理法で美味しく食べる事が出来るカニ(蟹)です。

カニ味噌を除けばお得で美味しいカニ(蟹)と言えるでしょう。
注意するのはトゲが多いために怪我をしないように注意する事だけです

イバラガニはタラバガニやズワイガニほど知名度が高くないですが、味や価格の魅力が多いカニ(蟹)なので、名指しでイバラガニを求める方も多いのです、直近でカニを食べる予定があればイバラガニの購入を考えてみては如何でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする