【かに通販 おすすめ】カニと食べ合わせの悪いもの

【かに通販 おすすめ】カニと食べ合わせの悪いもの

カニと食べ合わせが悪いもの

昔の「合食禁」は、〇と×

お年寄りや昔の話として、ウナギと梅干し」や「天ぷらとスイカ」と同じように「蟹と柿」は

一緒に食べてはいけないといわれています。

これは、「合食禁」(食べ合わせの悪いもの)の1つです。 これには当時の理由があります、

「蟹と柿」を一緒に食べてはいけない理由は、「合食禁」は、何を根拠にしているのでしょうか。

柿の他にも、カニと食べ合わせの悪いものはあるのでしょうか。

「合食禁」は妥当性があり妥当性がない

%e6%9f%bf

元々は中国からきた言い伝えが合食禁(がっしょくきん)です、、中国の漢方に関する知識や、

陰陽五行思想が元となっています。

通常は、禁じられているものを一緒に食べると消化不良により、体調を崩してしまうといわれ

ています。

では本当に正しいのでしょうか、その教えのすべてが正しいというわけではなく、教えられる

組み合わせの中には近代の科学的根拠に乏しいものも存在します。

例を上げれば、「ウナギと梅干し」、梅干しの酸味がウナギの脂の消化を助けるため、むしろ

相性のいい食べ合わせであるといえます。

ただ、中にはきちんと根拠があるものも存在し、「蟹と柿」は、「根拠のある」組み合わせです。

 蟹も柿も、「体温を下げる」

蟹も柿も、「体温を下げる効果」があると言われていますが、「蟹と柿」が悪いとされている

理由は、なんなのでしょうか。  蟹や柿には、体温を下げる効果があると確認されています。

体温が下がると、病気にかかりやすくなったり、血流が悪くなって代謝が下がってしまったり

と、不健康な状態に陥り易くなってしまいます。 昔は、カニが海、柿が山のものであるため、

一緒に食べようとするとどちらも鮮度が落ち、それが原因になると考えられ、この2つの理由

から、「蟹と柿」は食べ合わせが悪いとされてきたのです。  現代では流通が発達し、鮮度を

気にする必要はなくなりました。とはいえ、「蟹と柿」に体温を下げる効果がある以上、健康

面を考慮するなら、適度な量を食べることです。

%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%81%ae%e7%84%a1%e6%96%99%e7%94%bb%e5%83%8f

科学的に見ると、亜鉛の吸収を助ける働きを持つ柿

科学的には良い面もあります、柿は亜鉛の吸収を助ける働きを持つのです。

カニに含まれる亜鉛は、ビタミンCを同時に摂取することによって、効率的に身体に吸収され

ます。

柿は、1個で1日分を補うといわれ豊富なビタミンCを含んでいます、化学的に見た場合、「蟹

と柿」は相性のいい食べ物といえます。

他の蟹と一緒に食べるのは良くないもの

他には蟹と一緒に食べるのは良くない物はあるのでしょうか。

「蟹と柿」を一緒に食べてはいけない理由から、食べ合わせが悪い食品は、「身体を冷やす」

ものであるといえます。

身体を冷やす効果があるもんは、野菜の「きゅうり」、「なす」、海産物の「あさり」や「わ

かめ」、果物の「スイカ」、「レモン」です。 かりにカニと一緒にこれらの食品を食べる場合

は、十分に注意し適度な量をにてください。

%e8%a5%bf%e7%93%9c

食べ合わせが悪くない食品でも、食べすぎると消化不良を起こしたり、お腹を下したりします、何事もほどほどに楽しい食事をして頂けますように。

関連の記事はこちらから、カニを安く美味しく食べましょう!

かに通販おすすめ |厳選2017 どこよりも美味しいカニを紹介します

お薦めのお店