カニの選び方 |ポーション・ビードロカット?

盛り付け01

「ポーション」「ビードロカット」の意味を知る事で後悔しない蟹選びのポイント

寒くなって来ると食べたくなるのがカニ、カニといえば甲羅に付いた脚、一匹まるごとの姿カニを想像しませんか、でも最近は年末でも姿カニを店頭で見る事は少なくなってきました、実が詰まっているのは脚で姿カニは食べ難いのか、通販でも姿カニや殻むきカニなどの表現をよく目にします。
殻むきカニなら、まだ分かり易い表現なのですがフルシェイプ、ポーション、ビードロカットなどはシェフでもなければ分からないのではないでしょうか。

カニに使われている用語がわからないままに注文してしまうと、カニが届いてからしまった!と後悔します、今回はカニ選びに失敗しないようカン用語とその内容をまとめてみました。

「ポーション」

カニに使われている、ポーションとは英語のportionからきていて「~切り離された一部」という意味で、これをカニにあてはめると「むき身」であることを表しています。

ポーション

カニの王様と言われているタラバガニなどで、美味しく食べられる部位で好まれるのはカニの脚です、ただ脚の殻は非常に硬く自分で剥くのは大変で、面倒臭くてカニは嫌と言う方もいますよね、この面倒臭いカニの脚の殻を取り、一部手で掴むところだけを残し食べやすくした状態を「ポーション」といいます。
ただカニはg(重量)売りなので重さを増やすために、ポーションと言いながら爪やだき身(大きなブロック状の身)「らっきょ」と呼ばれる部分=殻を多く入れる事で重さを増やして割高となっているケースもあるのでよく確認が必要です。

だき身(脚の付け根の大きなブロック状の身)や爪など。

カニむき身

昔に比べ「ポーション」は、食べるときの手間が無く鮮度や美味しさが変わらないので、取り扱いが簡単な「ポーション」が年々シェアーを上げています。
もちろん解凍後にそのままで、あるいはカニしゃぶやカニ鍋、焼きガニなどで美味しく召し上がることができます。

似た表現に「フルポーション(full portion)」というのもあります、名前の通りカニの身だけをむき身にしたカニという意味ですが、通販サイトでは「殻付き」「殻むき」と混在しているので慎重に確認しましょう。

そうそう、マルゲン後藤水産さんでは、こんなお得なズワイガニが↓
【早割】【送料無料】生ズワイガニ一口かにしゃぶだるまさん約1kg前後(生冷凍でお届け)[若干折れが入る場合あり][かに鍋/蟹/カニ/ずわいがに]【本店プレミアム厳選品】 6,315円(税込) 送料無料

「ビードロカット」

「ビードロカット」とは、カニ味噌を食べる時のように、殻の上側半分だけを取り除いた半むき身状態をいいます。

カニを食べる時の醍醐味は殻を外してカニ味噌を食べるのが一番でそれが楽しみだという方も多いのではないでしょうか。
でもカニの殻を取外すのが嫌だ面倒臭いという方に、ビードロカットは人気です。
カニの殻はカニの旨味やダシがよくでるので、焼きガニやカニ鍋に重宝されます。

「ポーション」「ビードロカット」を選ぶ時の注意点

表示重量あたりの本数をチェックします

まずはポーションの数を優先するか大きさを優先するかはご家庭の嗜好です、数か大きさ優先か決まったら、次に蟹の爪や、だき身などがついていない事を確認(サイトの写真や説明文それでも分からない場合には直接確認しましょう)し、家族の人数で決めるのも良いかもしれません、1本あたりのカニ脚が大きいのは食べ応えがありますね。

どんな料理か食べやすさかで選ぶ

カニを選ぶ時にお祝いの為なら「姿カニ」、面倒臭がりならむき身の「ポーション」カニ鍋や焼きガニが好きなら「ビードロカット」なんて選び方は如何ですか。

カニ通販の表示規格は参考程度

数多いカニの通販会社があり、その通販会社毎に規格サイズ(LサイズとかLLサイズ)が微妙に違うために惑わされない様にしましょう、内容毎(ポーション、ビートロカット、姿)の重量に対して1本あたりの大きさを確認して選びましょう決して本数が多いから、重量単価が安いから「お買い得」というわけではありません。

蟹ポ―ション購入で失敗しない方法

カニポ―ションの購入ではセット内容をよく見る必要があります、それはカニ通販では爪肉や肩肉が混じったセット商品も販売されている事が多いので、ボリュームたっぷり3Kgと書かれていても実際には殻が多かったり、肩肉が多かったり、思ってたより食べる身が少なく残念な経験をしたことはありませんか。

肩肉は御味噌汁のダシ、爪肉は弾力がある食感が味わえるとか持ち味はありますが、「ポーション」とセットで安く見せるのは販促です、価格と共に購入する時にはセット内容のチェックが必要です。

重量単価を確認するため脚肉の殻を半分だけ剥した「ハーフポーション」か「フルポ―ション」か確認する事で重量単価が想像できます。

蟹ポ―ションを美味しく食べる

殻なしの蟹ポ―ション

盛り付け05

殻なしのカニポ―ションを簡単美味しく食べるなら、やっぱり「蟹しゃぶ」「カニ鍋」ですね。

出汁を昆布で十分取ったスープに、ポーションをしゃぶしゃぶするだけです、何も付けずに甘みのあるカニ本来の旨味を味わう、ポン酢で食べても美味しいですね。

野菜(白菜や長ネギ)、豆腐などの食材を加えてしゃぶしゃぶすると栄養的にも、バランスが取れ美味しさも増します。

崩れたポーションでカニ玉、カニチャーハン、酢の物などを簡単に手間なく短時間で調理することができます。

殻付きポ―ション

殻付きのポ―ションはカニ鍋に最高で鍋にそのまま入れるだけで、簡単に調理することができますし最後はお楽しみのカニの濃厚なスープをつかった雑炊が最高です。

たまには焼きガニを楽しみませんか。

蟹脚を関節で切ってピーラーで剥いておくのも食べるのが簡単になります、そして炭火にのせます、脚の切り口からふつふつと泡がふいてきたら食べごろです。

レモンやポン酢をかけても良いですが、そのままでお好み次第で美味しく頂きましょう。

蟹ポ―ションは贈答用にはNG

お世話になった方に、お送りするにはカニを姿で一匹贈らないと失礼と思われていませんか、

贈答用だとしかもお世話になった方だと、見栄えにこだわり「ポーション」は贈り難いですよね、お世話になった方が食にこだわっている方ならご自身でカニを上手に調理して食べられるでしょう、しかし贈る方のご家庭がお子様が多いなら食べやすい蟹ポ―ションを贈ると喜ばれる事も多いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする